矯正歯科の治療

歯磨き粉

矯正歯科の治療に難色を示す大きな原因に、矯正器具が目立ちすぎることが挙げられます。まだ短期間なら我慢もできるのでしょうが、長期間にわたって自分の口元に注目が集まるのは多大なストレスとなります。ですから、矯正歯科の治療を受けることに難色を示すことは当然のことでしょう。 しかし、現在の矯正器具には透明、あるいは歯と同色にすることによって目立たない工夫が施されているものがあります。さらには、目立たないどころか、まったく見えない歯の裏側に装着するものもあります。ですから、矯正器具が目立つという心配は不要なのです。 但し、これらの矯正器具は、まだまだ一般的とは言えないのが現状です。ただ、これら患者のストレスを軽減させる矯正器具は、より多くの人に矯正歯科の治療を受けてもらうことを目的にしていますから、この先、一般的になることが予想されます。

矯正歯科の治療が進化しているのですから、患者も意識改革をするべきだと言えるでしょう。矯正歯科の治療を受ける目的の多くは、見た目の改善です。従って、見た目を気にしないという人は、矯正歯科の治療は不要ということになります。しかし、矯正歯科の治療は、見た目の改善だけにしか効力を発揮する治療ではないのです。 歯並びが悪いと、しっかりと食べ物を噛むことができませんから、胃や腸等に負担をかけることとなります。そうなると、当然、病気になるリスクは高くなります。また、歯並びが悪ければ、歯ブラシが届かない場所がある場合があります。そうであるならば、当然、虫歯や歯周病になるリスクは高くなります。 ですから、見た目は気にしていなくても、矯正歯科の治療は受けるべきなのです。