現代の歯医者

歯磨き粉

歯医者に行くことを好む人はあまりいません。こどもは大抵、歯医者が嫌いですが大人も同じなのです。虫歯になったとしてもそのままにしておく人は多いものです。もっと気軽に歯医者に行ければ虫歯はすぐに治るのですが、虫歯を悪化させてしまう人は少なくありません。中でも、虫歯を削るような治療が嫌いな人が多くいます。歯を器具で削る際には、特有の音がします。キーンというような特徴的な音を聞くのが嫌という人や、器具そのものが怖く、歯医者が苦手になってしまうのです。このような状況を打破すべく、最近の器具はより音がしないように改良されています。また、歯にあてた場合でも患者の負担が軽くなるような設計が考えられているのです。

最近では、虫歯を削る治療以外にも治療方法が誕生しています。従来では、虫歯を削る方法しかありませんでした。しかし、歯科技術の発達に伴い、薬剤による治療が可能になったのです。この方法は画期的であり、歯科業界全体が注目している技術です。具体的には、薬剤を虫歯部分に付着させます。それをしばらく放置しておくと薬剤が虫歯に作用して、虫歯がなくなってしまうのです。これまでは削って取る必要があった虫歯も削る必要がなくなりました。このように、現在では削る以外の治療方法も開発されています。今後は、この技術がさらに普及していくことが予測されています。今でもこの技術を取り入れている歯医者がありますが、まだまだ少ないのが現状です。